医学部受験を成功に導く予備校の正しい選び方

難易度が高い医学部

日本をはじめ、世界的にも合格難易度が高いと言われている「医学部」は生半可な学力では合格することは困難です。将来的に医師になりたいとお考えなら、まずは受験に合格するためのポイントを押さえておきましょう。

受験で押さえてたいポイント!

過去問を徹底的にやりこむ

医学部に限らず、受験において定番な対策方法として過去問を徹底的にやりこむということが挙げられます。志望校が過去に実施した試験内容から傾向を掴み、類似問題にひたすら取り組むようにしましょう。特に最難関である医学部を目指すなら、3年分以上の過去問はやっておくべきです。

集中できる勉強環境を整える

当たり前のことですが、勉強は集中して行なうべきです。勉強中に携帯やテレビなどを見ていると身に付くことも身に付きません。自宅で集中できるのであればいいですが、集中できる勉強環境ではない場合には、予備校や学校の自習室などを利用することをオススメします。

時間を決めてから勉強する

勉強も遊びと同じでメリハリがとても大事です。集中力を持続するためにも「何時から何時まで、どの分野を勉強する」と明確に決めてから勉強を始めるといいでしょう。時間を決めてから勉強を行なうと学習の質も自然と高まりますし、充実感や達成感も生まれます。

数学を重点的に勉強する

数学ができないだけで毎年不合格者が続出するほど、医学部受験は数学との戦いと言っても過言ではありません。それほど医学部受験は数学が重視されるのです。医学部受験で合格するためには、どのような教科よりも最優先に数学を勉強するべきでしょう。

医学部受験を成功に導く予備校の正しい選び方

男性

学費や合格実績だけで判断しない

医学部の予備校を選ぶときには学費や合格実績などは選び方の判断基準になります。しかし、どんなに学費が安く、高い合格実績を残していたとしても、ご自身に合う学習方法を行っていない予備校であれば、通うことで成果を上げることは難しいです。学費や合格実績にとらわれずに、ご自身に合う学習方法を提案してくれる予備校を選びましょう。

自宅から20分以内に通える距離が理想

予備校を選ぶ上で立地条件というのは非常に重要なポイントです。自宅から数十分かけて通う予備校であれば、通学に時間がかかり、その時間が勿体無いと感じることでしょう。むしろ、その場合には予備校に通わずに自宅学習の方が効率的かもしれません。時間を無駄にしないためにも、自宅から20分以内に通える立地の予備校を見つけましょう。

カリキュラムだけでなくサポート体制も大事

カリキュラム内容が充実していると医学部受験の合格率も向上しますが、予備校選びではサポート体制も重視しておくべきです。「1人1人の学力や適正に合わせてサポートしてくれるか」「志望校の過去問を徹底的に説明してくれるか」などをチェックしておきましょう。口コミなどから利用者の意見を聞いておくのもオススメです。

気になる予備校は説明会や体験入学を活用する

現在ではインターネットによって予備校の情報は簡単に入手することができます。しかし、その予備校が果たしてご自身に合っているのかどうかは、実際に見学しなければわかりません。気になる予備校があれば、説明会や体験入学を活用するようにしましょう。体験入学なら授業内容や講師のレベル、自習室の環境なども把握できるので、志望校選びの参考になります。

ネットをフル活用しよう

ネットには比較サイトや口コミサイトなどもあり、各医学予備校の情報が沢山記載されています。その沢山の情報から将来のためにサポートしてくれる学校を選びましょう。

広告募集中